読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタシのきろく

日々を歩く中、通り過ぎていく愛すべきモノたち

途中で挫折… 神の舌を持つ男第3話

ドラマ感想

やっぱり、殿はご乱心でした

 

第2話で持ち直したかと思った神の舌を持つ男。実は第1話の皆の感想があまりにも手厳しいので編集しなおしたのかな、なんて思ってました。

 

なので第3話も程よく小ネタを入れて事件を解決するという本筋はピーンと張ってくれるのであろうと思ってました。

 

 

期待は、もろくも裏切られました。

 

木村文乃ちゃんのボケがうざい!

 

それに対して突っ込む

佐藤二朗さんがさらにうざい!

 

二朗さんの独特の間は本当に好きだったんだけど、あれは脇で展開されるからクスッとくるのに、堂々と正面切って、さらにはなんどもやられるとすげー面倒くさいよ  テンションが追いつかないよ

 

ということで、開始30分で挫折。

第4話を見ることもないでしょう。

 

堤先生はご乱心でござったか。