読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタシのきろく

日々を歩く中、通り過ぎていく愛すべきモノたち

あなたは堤幸彦を知っているか!ワタシは神の舌を持つ男第1回で挫折しそうだ

ドラマ感想

おふざけがすぎがち、それが堤幸彦である

 

こんばんは、ワタシです。

皆さんは、堤幸彦監督を知っていますか?

私にとっては、ドラマの堤さん、という印象なので演出家・堤幸彦ですね。

 

そんな堤さんが手掛ける最新作「神の下を持つ男」が始まりました!

www.tbs.co.jp

 

第1回を見ましたが、なかなか、どうして。私は1回で見るの終わりかな。。。。でも、たぶん第2回神の舌を持つ男も見ますよ。私の中で、まだ、堤幸彦を諦めたくない。

 

神の舌を持つ男第1回の感想


[新番組] 堤幸彦×向井理×木村文乃×佐藤二朗 7月スタートの金曜ドラマ『神の舌を持つ男』連続予告ドラマ第壱話【TBS】

 

よくも悪くもトリック色を強く引き継いでいる内容でしたね。

 

堤さんのブログによれば、ドラマ制作の集大成といえる作品のようです。

 

やりたいことをやっているとも取れる。大監督となられた今だからこそ許される「やりたいことをやる」という制作者として最高の褒美を与えられたのですね。

 

... 正直きつかったよ!

 

トリックよりも、小ネタ・小ボケのしつこさが増していたような。小ネタ・小ボケ担当は木村文乃さんです。コメディ女優さんとして、仲間由紀恵さんのように一石を投じられるか。。。といったところですが、演技がうますぎるので本当にうざい存在になっていました。堤演出で過剰な演技をしているのだろうけど。彼女をつぶすようなことはしないでほしい。いくぜ、東北ファンとして。

 

そして佐藤二朗さんのツッコミもしつこかった。

 

たぶん木村文乃ちゃんのボケに対してツッコミがないと視聴者が置いてけぼりになると思ったのかもしれませんが、なかなか、どうして。

 

堤フリークだったはずの私も見ていて疲れました。

 

あぁ。昔のちょうど良いおふざけ具合の作品を見たいなと思い、自身の堤さんラブ期を思い出すためにも、私が惚れた堤作品をご紹介します。みんな、堤さんのこと嫌いにならないで!

 

1. ケイゾク

出演:中谷美紀渡部篤郎鈴木紗理奈、高木将大、西尾まり野口五郎竜雷太 ほか

ケイゾク DVDコンプリートBOX

ケイゾク DVDコンプリートBOX

 

 

ケイゾクは私の青春であった!といっても過言ではないくらいにどっぷりとはまりました。金田一少年の事件簿で培った怪しさを醸成することで人を惹きつけるという演出が見事でした。

 

東大出身のミラクル天才かつ事件に没頭しすぎて風呂に入らず超頭の臭い柴田(中谷美紀)と、公安上がりの超口悪いタバコプカプカかつかなり怖がりの真山(渡部篤郎)の二人が未解決事件に従事していきます。

 

毎回で全体的にくら〜いあやし〜い雰囲気がプンプンしております。その怪しさに魅了されたらもう最後。テンポもすごくよくて、映像の運び方は実に斬新でした。

 

そして、柴田と真山のコンビは最高です。もっと、ずっと、見ていたかった。

 

 

 

2. トリック

出演:仲間由紀恵阿部寛生瀬勝久野際陽子 

トリック 2 超完全版 [DVD]

トリック 2 超完全版 [DVD]

 

 

仲間由紀恵演じるポンコツマジシャン山田奈緒子と阿部ちゃん演じる物理学の教授上田次郎が超常現象やまじない的な問題解決に挑むストーリー。

 

貧乳のやまーだと巨根の上田。こちらもケイゾクに負けじおとらずの名コンビ。

 

怪しい宗教とか昔からの言い伝えをなぞったような不可解な出来事が起こるので、物理学者としてトンデモ系の事件は許せないきょこ・・・上田教授。だけど、事件解決するような頭脳は持っていないため、助手としてトリックを見抜く能力に優れたやまーだを引き連れて事件を解決していきます。

 

すべてまるっとお見通しだ!

 

見たら言いたくなる、この一言。

 

 

3 池袋ウエストゲートパーク

 出演:長瀬智也加藤あい窪塚洋介佐藤隆太 

池袋ウエストゲートパーク DVD-BOX

池袋ウエストゲートパーク DVD-BOX

 

 

 まこっちゃん!かっこいい!

脚本が宮藤官九郎さんということもあって、ちょっとカリスマチックなドラマができあがりましたなぁ。

 

窪塚洋介演じるキングのいかれっぷりとたまに見せる優しい表情に窪塚すげーと思ったことも思い出します。まさに彼の人生もキングのようなご乱心ぶりで、それはそれで見ていて面白いです。

 

ざっくりというと、ギャングとギャングが池袋でガチンコする。でもまこっちゃんはどこにも属さず漂流している、みたいなドラマだった気がします。

 

すいません、内容はあんまり覚えていないです。とにかくかっこよかったの。

 

堤さん好きな一人として思うこと

 

堤さんの作品、特に映画、特にドラマからの派生の映画、

ケイゾク、トリック、スペックなどは

正直おふざけが過ぎる!ギャグがしつこい!

 

なので、今回の神の舌を持つ男は、そのおふざけすぎがドラマの時点で出ちゃったかなぁという感じです。ツツミセンセイ、ご乱心でござる、とならないように願います。

 

 

神の舌を持つ男第2回、ギャグの応酬を軽くかわしながら、ダラダラしながら見てみようかなと思います。