読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタシのきろく

日々を歩く中、通り過ぎていく愛すべきモノたち

中野新橋で立ち止まらざるを得ないお肉屋さん

お散歩

思わず立ち止まってしまった坂の途中のお肉屋さん

 

f:id:weavingthestructure:20160708234307j:plain

こんばんは。ワタシです。

 

突然ですが、私は、散歩が好きです。ただ、ひたすらに、歩く。

目的もなく、店も入らず、黙々と歩く。

 

それが、私だ。むんっ。

 

 

中野坂上中野新橋にお散歩

 

ということで、本日は中野坂上からお散歩です。

というのも、私の勤務先は中野坂上なのだから。

 

勤務終了後、中野坂上駅から、青梅街道を西上す。

テクテク15分ほど歩き始めると、何人か人が群がっているお店を発見。

なんぞ?

 

そこは、お肉屋さんでした。お肉屋さんでこんなに人が群がるのか。

どんなお肉屋なのでしょう、と覗き見アンテナが発動です。

 

肉匠 丸富
http://marutomi-wagyu.co.jp/nikusho.html

f:id:weavingthestructure:20160708234542p:plain

 

最寄りの中野新橋駅から歩くと、5分ともしないくらいです。

 

どれどれ、とショーケースを眺めたところ、ピンク色のお肉さんたち。

これは、おいしそうなお肉。スーパーで見るお肉たちとは違いますね。

値段も、誰が買うか!と怒鳴り上げるようなものではなく、

お家で少しいいお肉でもいただこうか、という時に買える範囲のお値段でした。

 

ただし、我が家は中野新橋駅周辺ではないため、

この季節(2016年7月上旬)の生肉購入は断念。

 

そのかわりに、揚げ物お惣菜ショーケースに鎮座されていた

メンチカツ1個とコロッケ3個を購入いたしました。

ショーケースの中身、かっさらってみました!

 

いっただきまーす!

 

家で夕ご飯として、いただきました。

購入してから1時間後に食しました。ほんのり温かかったのですが、

オーブンであつっと、カリッとさせました。

 

ご飯とサラダとお味噌汁とともに。あと、残っていたひじきと一緒に。

写真はありません。

 

まずは、コロッケですが、うんまー!

おじゃがは、ねっとり系のメイクイーンタイプですね。

下味がしっかりとついているのでソースなしでも十分です。

入っているお肉は、挽きすぎておらず、存在感を出しております。うまい。

 

次にメンチカツ。ふぉ!うんまー!

めちゃくちゃ男メンチ。つまりは、肉がごつい。

こちらは、下味は控えめ。すなわち肉のうまみを存分に味わえます。

そんじょそこらのメンチとは大違いです。

肉汁はあまりしたたりおちません。肉という塊と向かい合うメンチです。

真っ向勝負ですな。

 

コロッケも、メンチカツもおかずとして十分。

自己主張がすごい。

 

めちゃくちゃいいお肉屋さんを見つけました。ごちそうさまです。

私の前に並んでいたお姉さまがとんかつを揚げてもらうような注文をしていたような。

今度、聞いてみよう。

 

 

今日の散歩のおとも

 

私の散歩に音楽はつきものです。

ただ、ノイズキャンセリングで周辺の音をシャットアウトすると

自転車にひかれてしまう可能性が高まるので周囲の音も拾える程度に。

普通のイヤホンで。

 

たいていは apple musicで何かを聞きながら。

最近は在日ファンクに傾倒中なので、Funkを聞いています。

 

今朝のアサイチでグッチ祐三さんが勧めていたのもあって。

こちらでノリノリでお散歩。

 

Do you remember ~ September~


Earth, Wind & Fire - September

 

イカス!